自分の道を
自分で拓ける
人を増やす

ビジョンVISION

自らビジョンを描く
リーダーを輩出し、
生きがいや、
やりがい溢れる
社会を目指す

メッセージMESSAGE

企業と個人の課題を
「リーダーの輩出」を通して解決する

2008年のリーマンショック以降、日本経済は「成熟化」が進行しています。「企業」は、人口減少と変化の激しい市場の中で、斬新な発想や創意で市場を拓く人材を求めていますが、その育成には困難を抱えています。「個人」は、未来が約束されない中で、思うように力が発揮できず、やりがいや生きがいなど仕事に対する喜びを感じられない方が多くいます。LIFULL Leadershipは「自らビジョンを描き、道を拓くリーダー」の輩出を通して、より多くの企業が継続的に成長し続けること、より多くの個人が力を発揮し、やりがいや、生きがいを得られることを目指します。

代表取締役社長 吉田 宗興

代表取締役社長吉田 宗興

サービスSERVICE

人材育成コンサルティング

個社毎にカスタマイズした現場実践型の育成プログラムを提供し、リーダーの輩出と収益向上を同時に実現します。704名のリーダーを輩出
(2021年3月時点・プログラム修了の方)

プログラムの特長

各企業に合わせ作りこむ
カスタムメイド型

参加者が現場ですぐに実践し成果が出せるよう、カスタムメイドで1社1社に合わせて作成します。LIFULLにおける成功ノウハウも提供。現場で繰り返し実践し、スキル習得まで伴走します。

人数に合わせた
2つのプログラム形式

  • コンサルティング型4名~6名のプログラム

    一人ひとりにリーチ出来るので、個別の課題に対応し、徹底的に伸ばすことができます

  • グループ型8名~16名のプログラム

    他のマネージャーやメンバーと対話することで、知識の習得や、つながりができます

  • プログラムはすべてオンライン対応をしています。※個別コンサルなどを追加で行います

プログラムメニュー

  • 実践型リーダーシップ
    プログラム

    自らの意志で部署のビジョンを描き、牽引するリーダーの輩出

    対象

    本部長、部長、課長、店長をはじめとしたマネジメント層

  • 実践型次世代リーダー
    プログラム

    自分の道を自分で拓ける主体性の高いリーダーの輩出

    対象

    係長、主任、一般メンバー

  • 実践型マネジメント
    プログラム

    現場の長として収益向上を牽引するマネージャーの輩出

    対象

    課長、店長をはじめとしたマネジメント層

  • 実践型セルフビジョン
    プログラム

    自らを律し、主体的に動く、成長角度の大きい新卒の育成

    対象

    新卒社員、一般メンバー

お客様CUSTOMER

株式会社トーシンコーポレーション

代表取締役
杉本 達也様

「Next Generation 実践マネジメント・リーダーシッププログラム」

導入の背景

私は会社とは成長する場だと思っています。
社員が成長することが、お客様と社員の家族の幸せにつながると思っているので、社員には成長の機会を提供したいと常に考えています。研修もその一つです。実施のタイミングについては、消費税が増税して10%になったら着工数が15-20%下るという予測を立てているので、その前にと考えていました。事業として好調をキープしているときに、さらに好循環を生むきっかけにしたいと思ったのです。

プログラムの効果

単なる坐学ではなく、参加者に考えさせることがメインのプログラムを通じ、自分たちで考えて判断することが増えたと思います。私からも常々、自分たちで決めろとは言っていたのですが、明らかに相談の数が減ってきたので、少しさみしい気持ちもあります、笑。たとえば、私のところに持ってくる決済願に自分の意志が入ってきたというか、自分たちの部署は自分がなんとかするんだという感覚が強くなったと感じています。また、今回のメインテーマである“PDCA(プラン→ドゥー→チェック→アクション)をきっちりまわす”というところが浸透していると感じています。いままでは自分たちの勘に頼っていたところが、きっちり考えるようになったなと感じることが増えましたね。数字への意識も変わってきたので、それが今期の最高益という結果に少なからず影響をしていると思っています。

取締役執行役員
営業本部 本部長
西山 潤一様

受講当時:住宅資材部 部長兼 東京営業所長

受講して変化した点・成果

まず、人は褒めなきゃ動かない、ということをあらためて認識したので、コミュニケーションについて今まで以上に意識はするようになりました。モチベーションの高さは一定ではなく、日によって変わるので、特にメンバーの弱点を指摘するときなども、相手のコンディションをよく見て、伝え方を考えるようになりました。

その影響か、メンバーとの関係にも変化があり、前に比べて「ちょっといいですか」とメンバーから相談を持ちかけられることが増えた気がします。

また、これまでいかに目先の数字のために走っていたかということに気づきました。

より長期的な視点でのPDCAが身に着いたと感じています。KPIについては毎週進捗度を確認しています。うちの部署では得意先との密着度をKPIにおいているのですが、徐々に効果が表れてきました。その結果は数字にも反映され、今期は粗利が1%~2%くらい上がりました。半年後にはもっと効果に表れると思うので楽しみにしています。

そして、自立心、責任意識は強まった感じがします。「言われた数字だからやります」ではなくて、自分の部署だから自分なりにやっていいんだ、という感覚が強くなりました。

株式会社イーブックイニシアティブジャパン

執行役員
コーポレート本部長
今井 輝夫様

「次世代マネージャー研修」

【主催者として】
導入の背景

当時、ミドルマネジメントの育成に課題感がありました。合併も含め、急激に組織拡大していた時期だったのですが、マネジメント教育を受けた人があまりおらず、マネジメントの型というか、「マネジメントは何をすることなのか」と答えられる人が当時はほとんどいませんでした。マネジメントをしっかりできる人達を増やす必要がありました。

プログラムの効果

まず、マネジメントの大切さを「組織」として認識するようになったことです。マネージャーは何を求められ、何をするのか、マネジメントは型があるんだ、ということを受講者全員が吸収していきました。マネージャーなのか、プレイヤーなのか、なんとなくやっていたのを切り分けて考えるようにもなり、マネジメントを役割として認識するようになったと思います。

次に、共通ワードができました。「PDCA」を使う人使わない人がいたけれども、プログラムを通して普通の言葉になり、「1on1」、「ミッション・ビジョン」なども共通ワードになりました。

また、きついプログラムを乗り越え、マネージャー同士の結束感は強くなりました。危機があっても、結束して乗り越えることができております。

そして、最終的に業績が向上しています。

【受講者として】
(受講当時:人事部長)
受講して変化した点・成果

自身も受講して良かったです。自身の変化は2つあります。

まずビジネス書を読むようになりました。読んで面白い、ためになるというものに出会わせてもらいました。そしてセミナーなども興味があったらどんどんいくようになりました。インプットをすることにどん欲になったと思います。

次に、自身のバリュー・ビジョンを描くことを通して、自分の価値観に向き合うことが大事なんだなと分かりました。そして「Fun To Work」という自分の大事にしていることに気づき、自分に一本の柱が立ちました。この柱のおかげで迷わなくなりました。

成果としては、このプログラムを通して、人事部メンバーに対してのマネジメントが変わりました。課題図書、意見出しなど、思いつくかぎりのことをやるようになり、結果、メンバーの目線が高くなってくれました。自分の業務、というところから全社にどう影響するかを考えるようになったと思います。

また、メンバーは、自分のキャリアを考えてくれるようになりました。言われた仕事をやるところから、自分もキャリアをアップ、新たな能力をみにつけなくては、と変化しました。

最終的に以前と比べて、人事総務部は体制も整い、部内エンゲージメントのスコアも上がりました。社内からの信頼度も上がったと思います。

導入企業様

50音順・社名公開を許可頂いた企業様のみ掲載しております

会社情報COMPANY

代表取締役社長吉田 宗興

外資コンサルティングのアクセンチュアでは、プログラミングから保守運用まで幅広く担当。組織・人材系のリンクアンドモチベーションでは、営業部門のマネージャー・事業部長として同社の東証一部上場に貢献する。
「教育」への問題意識が強まり、トライグループ(家庭教師のトライ)に入社。赤字部門の黒字化や、新規事業の創出と拡大、組織体の改革を実現し、執行役員に就任する。
2013年「自分の道を自分で拓ける人材を創る」を理念に、研修事業と学習塾事業を柱とした会社を起業。独自のリーダー育成プログラムで、多数の管理職や若手社員を自らビジョンを描き挑戦するリーダーへと育成する。受講者と多くの経営者から支持を得て、顧客は全て紹介となる。一方、小学生・中学生に対しても生き抜く力養成を目的に、リーダー育成プログラムを提供する。
2020年LIFULL社の出資を受け、「自分の道を自分で拓けるリーダー輩出」を加速させていく。

会社名
株式会社LIFULL Leadership
本社所在地
〒102-0083 東京都千代田区麹町1-4-4
代表取締役社長
吉田 宗興
取締役
井上 高志(LIFULL代表取締役)・羽田 幸広(LIFULL人事本部長)
事業内容
人材育成コンサルティング事業 (個社毎にカスタマイズした、リーダー育成プログラムの提供)
設立年月日
2013年3月1日
沿革
  • 2013年3月 株式会社ブルームウィル設立
  • 企業向け人材育成コンサルティング事業と学習塾事業を開始
  • 2020年9月 LIFULL社による第三者割当増資
  • 2020年10月 LIFULL Leadershipに商号変更

お問合せCONTACT

育成プログラムの詳細については、
貴社名・部署・お役職・お名前・ご連絡先・内容を明記の上、
下記のお問合せボタンよりご連絡ください。
個社ごとにカスタマイズしたリーダー育成プログラムをご提案させていただきます。

お問合せ